看護学校で必要なもの~荷物まとめ

看護学校に必要なものは何か悩んでいませんか。

何を用意したらいいのかわからないという方がいたので、まとめてみました。

看護学校で必要なもの

1、 かばん

看護学校では、分厚い教科書と参考書を授業で使うため、とにかく荷物が重いんです。

なので、通学には沢山入るリュックがおすすめですよ。ショルダーだと片方の肩にだけ重圧がかかるので負担がかかります。

また、実習や病院に行く時には黒色が無難です。あんまり派手な柄だったりキャラクターが付いていると、やる気を疑われることもありますからね。

なので、どこにでも使えるように黒を選んでおく子は賢いなと思います。

2、 文房具

長時間書いても手が疲れなだけでなく、書きやすい筆記用具を用意しましょう。

それからゴムの摩擦で消える、マーカーも人気ですよ。消しカスも出ないところが、とってもエコですよね。

教科書や参考書をカラフルにして、やる気アップさせちゃいましょう。

3、穴空けパンチ

プリントが多いので、ファイルに綴るための穴空けパンチも必須です。
ロッカーに1つ入れておけば、いつでも使えて便利ですよ。

大きいのも有りますが、ペンケースに入る小さいタイプだと場所をとらないので、おススメです。

物を置いておくことが禁止の学校の人にはいいかもしれませんね。

また、ホチキスも針がないタイプがるので持っているといいですよ。

4、インデックス


教科書や参考書って分厚くて、どこの何のことが書いてあるのかわからなくなりますよね。

こんな時はインデックスの出番です。カテゴリーごとに分類しておけば、すぐに見つけることができるので便利です。

5、付箋

今は色んなタイプの付箋が出ているので、勉強するのが楽しくなりそうですね。

私のおすすめは紙タイプではなく、フィルム素材です。水にぬれにくく破けにくいのが最大の特徴なので、他の教科書に押しつぶされても、剥がれることはありません。


6、消しゴム

私は昔から定番のMONOの消しゴムを使っています。

消しカスが少なくて、よく消えるので使いやすいです。

その他には、無印良品やまとまる君なんかもいいですよ。

7、メモ帳

実習や病院に行ったときは、先輩看護師さんからのアドバイスをすぐにメモをとれるようにメモ帳を用意しましょう。

先輩の目の前で開くことも多いので、シンプルなデザインでサイズは、制服のポケットにも入るくらいがベストですよ。

私はリング付のを使用してます。

水に濡れても丈夫な素材が良いと思います。

まとめ

文房具は毎年新しく便利なものが沢山出てきます。常に使う荷物は自分の好きな物で揃えたいですよね。

そこに、利便性も考えて揃えると看護師になった後もずっと使えるので、無駄使いになることが無いと思います。

遊び心を交えてつつ選んでみてくださいね。