看護師の彼女はデメリットが多い5つの理由

こんにちは。

看護師を彼女や妻にするデメリットについてです。

 
看護師を彼女にする5つのデメリット

今回のテーマを書くのはちょっとためらいました。

なぜなら、私の旦那様に失礼かもしれないから・・・汗

けれど“看護師あるある“としてこれからのお付き合いを考えているカップル達に事前に知っておいて欲しいなという思いを込めて頑張って書きます。笑

1、仕事を家に持ち込む

看護師は、毎日が勉強です。

次々と新しい病気が出てくるたびに、新薬も開発されます。

その度に、本や参考書を読んで日々勉強していかないといけません。

ただでさえ、激務でへとへとですが、家に帰ってきてから研修の課題や論文を書いています。

なので、旦那にかまっている暇なんて、正直ありません。

怠けていたら、医療の現場についていけなくなるから、こっちも必死なんです!

そんな生活を送っているので、かまってちゃんの旦那さんなら、イライラしてしまいますね。

と言うことで、ラブラブな関係はそんなに持てません!

2、休みが合わない

看護師は夜勤もありますし、土日祝日は患者さんも多いため休みはほとんど取れません。

通常のサラリーマンの休日と合わないことが多いため、一緒に何かをすることが難しい状態です

定時後も残業して、入院している全患者のバイタルをチェックして看護記録を記載。

もうね、正直休みはゆっくり寝ていたいんですよ!爆

私も、実際旦那とすれ違いの生活を送っています。けど仲はいいですからね!!

3、気が強い

看護師という職業柄からか、ちょっとやそっとのことでは慌てません。

毎日、瀕死や血だらけの患者を診てますからね。

だからか、旦那がちょっと熱が高くて苦しんでいるときも「大丈夫、そのくらいで死なないから」なんて言ってしまいます。

へへっ、ごめんなさいね。(・×・;)

4、お金の使い方が荒い

看護師って、そこらのOLより給料がいいんですよね。

正直、残業や夜勤をするとその分、手当ても付くから、結構いい金額なんです。

お金がいっぱい入ると、その分やっぱりついつい使ってしまうんですよね~。

私の周りでは、ブランド物のバックを季節ごとに買ってる子も少なくありません。

また、飲み会も多くてたばこやお酒の量も増えますしね。

看護師という職業だけで簡単にローンも組めちゃうから、高額なエステや美顔器につぎ込んだりすることもよくある話。

5、おせっかい

やはり、職場で衛生面や食事管理は厳しいです。

自分の旦那が不摂生で病院行くなんて恥ずかしいですからね。

また、ちょっとでもだらしない所があると、気になってしょうがないんですよね。

それで「ここはこうしたらいいんじゃない」「あれやってよ」「遅い」なんて口を挟んでしまいます。

こうした、おせっかいを疎ましく思って離れていく男性も多いみたい。悲

さてさて、皆さんどうでしたか?

今までデメリットばかり上げてきましたので、看護師を彼女とか奥さんにするのは止めよう!なんて思わないでくださいね。

ちゃんとメリットもありますからね!

安心してお付き合いくださいm(_)m

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。

人気の条件の求人は、すぐに募集が終わってしまいますので、早いもの勝ちですよ。

上記3社は、私も転職の際にとても頼りになったサイトです。厳しい看護師求人選択基準をクリアしています。給料・待遇でお悩みの看護士は多いので、あなたに合ったより良い条件を見つけてみてくださいね。