医師と看護師の大きな5つの違い

同じ医療の現場で働く、看護師と医師は一体何が違うのでしょうか。

同じ重要なポジションにいますが、それぞれどんな役割を持っているのでしょう。

その大きな違いを比べてみました。

医師と看護師の大きな5つの違い

1、 診断と治療を行うのが医師で補助と援助をするのが看護師

医師は、患者さんの病気やケガの原因を突き止めて、どうしたら良くなるのか、その方法を診断し、治療を行います。

対して、看護師は医師の診断について補助と援助を行うことでサポートします。また、患者さんの精神的なケアを行います。
これから治療を受ける患者さんの心はとてもデリケートなので、安心して治療を行うということを説明し、安心させることも仕事の一つです。

2、 医師は研究、看護師は勉強

医師は、現金や治療が見つかっていない病気について日々研究しています。今まで解決できなかった病気が治るように、大学や病院で研究と論文を書いたりしています。

看護師は、新薬の説明や副作用などを調べたり、病気の知識を深めるために本や参考書を購入して毎日勉強をしています。

3、 医師は医療のトップ、看護師は架け橋

医療チームのトップなので、チームが混乱しないよう的確で正確な指示を出します。

看護師は、患者さんの具合や体調を医師に伝え、どのような治療をしたらいいのか支持を待ちます。

4、 医師は自分の判断で医療行為を決定できる。看護師は看護計画を立てる。

医師は自ら患者さんを診察して、治療方向を決めれます。医療行為の判断も自分で出来ます。

看護師は患者さんに合わせた看護計画を立てて、それに基づいて看護を行います。

5、 医師は時間内勤務。看護師は雑用も仕事

医師は自分の仕事が終わったら割と定時で帰ることが出来ますが、看護師は残業もあってすぐには帰れません。また、患者さんの汚物の処理など汚い仕事もしなければいけないので、患者さんと接する時間も多くなります。なので、医師より看護師のほうが患者さんの事をよく知っているということも少なくありません。

医師も看護士も医療現場でとても重要な立場にあります。

5つの違いを上げてみましたが、大きくは自分で治療行為が出来るのが医師で、看護師は医師と患者さんと架け橋的な立場にあるということでしょう。

もし、どちらになりたいのか迷っている方がいましたら、参考にしてみてくださいね。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。