看護師として医療ミス、なかなか言えない体験談と対処法

あなたは医療ミスをしてしまった場合、ちゃんと報告していますか?

隠蔽(いんぺい)、嘘はついていませんか?

今回は、ミスした場合の対処法をご紹介します。

看護師として医療ミス体験談

誰にだってミスはありますが、医療ミスは責任が大きいですね。

絶対誰にも言えない仕事のミスしたことありますか。

ここからは実際にあった医療ミス体験談をみてみましょう。

看護師2年 20代

誤嚥(ごえん)がある患者さんを受け持っていた時のことです。鼻のチューブから栄養剤を注入中に吸引をしてしまいました。その日は夜勤明けで疲れていたというのは言い訳になりますが、患者さんの命を奪っていたかもしれないと激しく落ち込んでしまいました。
先輩看護師にも「あなた看護師向いてないんじゃない?謝って済む問題じゃないのよ」と怒られて、本当に挫折しそうです。

ミスをしてしまった、看護師の多くは、

「もしかしたら、患者さんにを殺していたかもしれないと思うと怖くて、もう仕事を続けられない」

「患者さんを苦しめてしまった」

「看護師に向いていない、辞めたい」

と思い悩みます。では、一体どう対処したらいいでしょうか。

インデント・アクシデントも看護師として働いていたらありますよね。
⇒看護師でアクシデント発生~辞めたい気持ちの乗り越え方

医療ミスした場合の対処法

完璧な人間はいないのですから、ミスは誰にだって大なり小なりあります。

どうしてそのようなミスになってしまったのか、反省し考え、次は失敗しないように注意するしかありません。

そして、とにかくミスをなくすように、ダブルチェックすることです。

ヒヤリハット報告書やミスレポートを書いて、病棟内でも情報を共有し合い、2度と同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

ベテラン、新人看護師だとかは関係なく患者さんを守るためにも、しっかりとチェックを徹底することが大事ですよ。

みなさん、こんにちは。

看護師の、ヒカリです。

みなさんは職場でアクシデント発生した場合、どう対処しますか?

今回はアクシデントの対処法と辞めたい気持ちの乗り越え方を伝授します。

インシデントとアクシデントの違いとは

インシデントは、思わぬ理由によって起こる事象で、偶発事象と言われます。
重大な過失に繋がるので、適切な対処が必要です。

アクシデントは、インシデントを見逃したり対処法を間違ったりすることで、事故になったものを意味します。事故や医療事故と言われています。

日本では、重大な事故になっていないものを、インシデントといい、事故になってしまった物をアクシデントと区別しています。

インシデントを見逃すことによってアクシデントが発生します。

アクシデント発生した場合の対処法

看護師のインシデントやアクシデントで一番多い事例は、点滴や注射です。決められた量を誤ってしまったり、注入速度を間違ったりしてしまうことが原因です。

その次に多いのが与薬です。配薬を忘れたり、時間を間違えたり、同じ薬を重複して投与してしまうといったことが原因になります。

いずれにせよ、患者さんの生死に関わる重大なアクシデントに繋がるそれがあるため、こうした事例は看護師の過失として、処罰されることもあります。

インシデントやアクシデントを起こした場合、もしかしたら、患者さんを殺していたかもと、恐怖にかられます。

特にこういったミスを起こすのは、新人看護師が多いようです。

新人看護師は、まだ未熟で経験不足ですから、事前にミスを防げるように手順や手技の支持の受け方やチェックの方法まで、ベテラン看護師から厳しく指導されます。

アクシデントが発生する前のインシデントの時にミスに気付けば幸いですが、もしアクシデントが発生した場合は、自分で出来る対処があればすぐさま処置します。けれど自分ではどうにもできない場合は、即座にベテラン看護師の指示を仰ぎましょう

対処法は、それぞれ病棟によって違いますが、同じようなアクシデントが発生しないように、ミーティングで徹底確認をする職場もあります。

自分だけではなく、スタッフ全員で医療安全改革に取り組まなければ、インシデント・アクシデントは多発する一方になってしまいます。

まずは、ミスがよく発生する、点滴や注射、投薬の際に問題が無いのか、十分に何度も確認を行うことが何よりも一番大事です。

辞めたい気持ちの乗り越え方

問題を起こしてしまったら、本当にショックで落ち込んでしまいますよね。

誰だって失敗はありますが、やはりへこんでしまいます。

もうね、消えたい。次の日病棟行きたくない。

いや、看護師辞めたい!!と思うこともあるでしょう。

自分は看護師には向いてないんじゃないかと、家に帰ってきても、気持ちが晴れずに憂鬱な状態で、何も手が付かないなんてことも。

どうやってそんな沈んだ気持ちを乗り超えるのかというと、そんな時こそ、しっかり食べて寝ること。これがとても大事です。

まず体をゆっくりと休むことです。

そこから、もう二度と同じ過ちを繰り返さないように、考え行動していきましょう。

失敗は次の糧にすればいいのです。

どうして間違えを犯したのか、しっかりと分析しましょう。

もし、今の職場は人手不足のために多忙で、それが医療事故に繋がっており、職場自体も積極的に対策に取り組んでいないのなら、医療事故防止に取り組んでいる求人が多い病院に転職してみるのもいいかもしれません。

看護師求人サイトの中で「看護のお仕事」「ナースパワーは医療事故防止に積極的に取り組んでおり、看護師の勤務体制や教育体制を見直して、アクシデント防止に努めている病院が多数ありますよ。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。