看護学校に通う男の悩み~つらいすぎてもう辞めたい

昔の看護師といえば女の園でしたが、今は男性も珍しくなくなりました。

けれど男性看護師の数は少ないのが事実。

そこで今回は、看護学校に通う男性の悩みについてまとめてみました。

看護学校に通う男の悩み

少子高齢化時代なので、就職難といっても看護師資格さえ取ってしまえば、就職の際にはとても有利ですよね。

サラリーマンなどから中途で看護学校に通う人もいるほどにまでなりました。

そんな中、男性看護師は年々増えつつありますが、まだまだ少数派です。

看護学校に通う男性の悩みにはどんなことがあるでしょうか。

1、 コミュニケーションがうまく取れない

看護学校は女性が多いですし、上手く馴染めない男性も多いんだとか。女性は結構気が強い子もいますから、ただでさえ男性は少ないので孤立してしまうと尚更、居心地が悪くなってしまうそうです。

2、 グループに入っていけない

これは、女性も男性も当てはまることだと思うのですが、学校ではグループ分けがはっきりしています。派手なグループ、大人しめのグループ、真面目なグループなどさまざまです。そしてその他のグループと仲良くすれば、陰で悪口を言われたり仲間外れにされたり。結構陰湿なんですよね。男性陣は、こういったグループにも気を付けなければいけません。

3、 勉強についていけない

看護師は暗記科目が多いです。それに実習も沢山ありますから、覚えることが沢山あってとても忙しいですね。勉強についていけなく、毎年自主退学や留年してしまう子、国家試験に落ちる子もいますよ。

つらいすぎてもう辞めたい

以上のようなことから、もう看護学校を辞めたいと考える男性もいるみたいです。

そう思った時は、立ち止まって将来自分がどういう仕事をしたいのかを、もう一度しっかり考えるといいと思います。

ただ何となく看護資格さえ取っておけばいいやという軽い気持ちだけでは、今の状況を乗り越えることはできないかもしれません。

厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、辞めることはいつでもできます。

時間は取り戻せませんから、他の道へ進むのもいいかもしれませんね。

けれど、考え直した時に、やっぱり自分は看護師になって仕事をしたいんだ!と思えたら、もう迷う必要はありません。

クラスメートが嫌い、上手くいってない場合はそのクラスメートがいない病院に就職すればいいでしょう。

勉強が苦手でも、奮起奮闘して一度国家試験さえ取ってしまえば、こっちのものです。

どんなにつらくても、考え方次第でいくらでも道を選べる事を覚えておいてください。

看護師はとても大変な仕事ですが、やりがいもあり、将来的にも有利な職業だと思います。

もし、少しでも看護師になりたいと思えるなら、是非頑張ってみてくださいね。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。