献血の呼びかけバイト求人情報の見つけ方

皆さん、献血はしたことありますか?

献血ルームのバイトは人気が高いんですよ。

ということで、今回は献血のバイト求人についてです。

密かに献血ブームが来てる

昔は献血というと、中高年がやっているイメージでしたが、今は企業でも社会活動として献血を薦めるところもあるくらいメージャーになりつつあるんですよ。

今の医療業界では、輸出に使用される血液は、人工的に造ることができず、また長期保存もできません。

血小板製剤は採血後4日間、検査時間を省けば、使用可能時間はたったの3日間だけなんです。

なので、常に血液は不足がちなんです。

そんな状況から献血の呼びかけも積極的に行われてきました。その効果あってか、実は最近若者の献血者数も増えてきているんですよ。

その理由は、なんといっても、自分が他の誰かの命を助けていると思えるからではないでしょうか。命を救えるという喜びはとても大きいと思います。

また、献血者には無料でお菓子や飲み物をもらえるからというもの人気の1つですね。他にも献血回数に応じて記念品がもらえる所もあるのも魅力でしょう。

さらに、無料で血液検査が受けられるのも嬉しいですよね。

以上の事から、献血に積極的に参加する人も増えています。

では、バイトしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

献血のバイト求人は穴場

献血ルームの受付・呼びかけや献血のバイトは、未経験者でもOKです。

看護師たちにも人気のバイトなんですよ。

なんといっても病院で働くより断然楽できれいな仕事ですからね。

残業もないので、仕事が終わったらすぐに帰れるから予定も立てやすいですよね。

また、簡単な仕事内容の割にはお給料がいいんです!!

といっても病院と比べてしまうと、少ないかもしれませんが少々安くてもいいからのんびりとした職場でもっとゆっくりと人と向き合いながら働きたいと考えている人向けだと思います。

献血ルームの状況と面接対応

献血ルームの規模によって違いますが、だいたい1つの献血ルームにつき、事務員5~6人、医者は2~3人、看護師7~8人くらいですね。

献血バスの場合は、事務員2~3人、医者1人、看護師3~4人くらいですね。

半年から1年くらいたつと正社員になるかどうかの話も出てくるほど、献血ルームは、日本赤十字社が母体なので、とても安定した就職先なんです。

福利厚生もしっかりしてますからね。

そんな献血ルームで求められる・重宝される看護師はズバリ「注射が上手な人」です。

献血の針は予防注射のハリよりも太いので注意が必要なんですよね。

あとは、献血ルームは常連さんも結構来てくれるので、接客業と同じだと思っていいと思います。

言葉使いや笑顔また、テキパキと迅速な対応ができるかどうかが大事ですね。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。

人気の条件の求人は、すぐに募集が終わってしまいますので、早いもの勝ちですよ。

上記3社は、私も転職の際にとても頼りになったサイトです。厳しい看護師求人選択基準をクリアしています。給料・待遇でお悩みの看護士は多いので、あなたに合ったより良い条件を見つけてみてくださいね。