看護師による医療過誤~看護師免許はく奪される場合

看護師として働いていると、いつ自分が人の命を奪ってしまう失敗を犯してしまうことになるかもしれないと、恐怖にかられることがあります。

今回は、もし医療過誤してしまった場合、看護師免許をはく奪させるのかについて調べてみました。

看護師による医療過誤事故

今の日本は看護師不足ですよね。

それが原因で医療過誤は増加傾向にあります。

医療過誤とは~医療事故の中でも胃腸関係者が治療にあたり当然必要とされる注意を過失したした結果、患者に損害が及んでしまう事故のこと。

医療過誤が発生した場合は、医療関係者は、民法や刑法、行政法などで責任を問われることがあります。

過去に起きた医療過誤

【都立広尾病院事件】

1999年2月11日に都立広尾病院で、手術が終わった58歳女性に対して、看護師が消毒液を血液凝固阻止剤と間違えて点滴。患者は「胸が苦しい、息が苦しくなってきた。手もしびれてきた」と言う言葉をのこしながら死亡。

東京地裁は東京都と元院長と主治医に対して、6000万円の損害賠償金の支払いを命じまいた。間違えて点滴した感が押し2人が業務上過失致死死罪で有罪が確定し、それぞれ看護業務停止2か月と1ヶ月。また院長が医師法違反などにより有罪判決。

という結果になりました。

ちなみに、志望した被害者は看護資格があり、看護学校で教えていたこともあったそうですよ。

この事件では、看護師たちは業務上過失致死罪、護業務停止というだけで済みましたが、毎年数名の看護師が免許取り消し処分になっています。

その他の医療過誤でよくあるのは、中腎炎の誤珍、胃がんの見落とし、帝王切開の麻酔管理過失などがあります。

2006年には、免許取消1人、業務停止4人
2010年には、免許取消9人、業務停止22人
2013年には、免許取消3人、業務停止11人、戒告3人

このデータをみると、免許取消が多いと思うかもしれませんが、はく奪された理由は未成年誘拐、住居侵入、建造物損害壊などが理由です。

これは看護師だからではなく犯罪ですよね。

実際に業務上過失致死で看護師免許がはく奪されることは少ないんです。

なので、自分の仕事に自信を持って働きたいものです。

けれど、ミスはいつどこで起こるかわかりませんから怖いですよね。

医療過誤をしてしまったら

もし、あなたがしてはいけないミスを犯してしまったら、きっとあなた自身もパニックになっているでしょうから、まずは落ち着きましょう。

大きく深呼吸をして、すぐに周りにいる上司に報連相(報告・連絡・相談)をすることです。

自分一人で抱え込まずに、助けを求めましょう。

きっと助けてくれるはずです。

日本では患者さんは大事なお客様いう考えが浸透していると思いますが、実は海外では悪いのは患者だという考え方の方が強いといいます。

なので、堂々と振る舞っている海外のほうが性に合っているという理由で、職場を海外に移す人もいるみたいですよ。
⇒看護師はアメリカと日本ではどんな違いがあるのか

機械と違って人間ですから、誰でもミスはあります。

私も長い看護師生活で様々な失敗をしてきました。
⇒看護師として医療ミス、なかなか言えない体験談と対処法

もしも患者さんや患者さんの遺族に訴えらてしまったら、証拠となるような書類をしっかりと集めることが大事です。

そして、自分の味方となってくれる弁護士を探してみましょう。

上記で紹介した、広尾病院ではこの事故を風化させないためにも、「医療事故防止総決紀集会」を開いており、医療安全に対する決意と事故の犠牲者に対する追討を全職員で行っています。

病院側もこうした取り組みが大事ですよね。あなたが働いている病院は医療事故防止に取り組んでいますか。

もし取り組んでいないのなら、あなたが事故を起こした時にどのような対処をとるのか不安ですよね。

そうならば、もっと安心な病院な転職するのを考えてみるのもいいかもしれません。

また、医療過誤に怯えなら働いているのなら、患者さんの治療に関与しない職場へ転職するのも手だと思います。

看護師資格は国家資格ですから1度取得してしまえば、沢山の求人欄の中から選りすぐりで職場を変えられます。

実際に医療過誤を起こしてしまって、怖い思いをしたからという理由で産業看護師になった友人もいます。

自分の性格に合った職場を選んでみましょう。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。