男性看護師に求められる母性感について~学ぶ方法

医療現場で男性看護師が活躍すことが多くなってきました。

そんな男性看護師に母性実習があります。果たして母性を学ぶ必要があるのか。

その理由と考えかたについて。

男性看護師に求められる母性感について

看護師は助産師になる道があります。

けれど、現在の日本では男性が助産師になれる法律はありません。

海外では男性の助産師は普通にいるのにおかしいと思いませんか。

やはり、日本の医療はどうしても男女差別がありますから仕方のないことだと簡単に片づけてはいけない問題です。私は将来的に男性の助産師は認められるのではと思っています。

患者さんの中には、やはりデリケートな部分ですから、男性に診て欲しくないと考える人もいると思いますが、男女関係なく、腕のいい優秀な男性助産師がいたら診て欲しいと考える女性もいるのではないかと思うからです。

もし、母子どちらかの命しか救えない場合の妊婦さんがいたとして、どちらかを諦めることはとても辛いことです。そんなとき、救える腕のいい助産師がいてその方が男性だった場合、男性でもいいから助けて欲しい、診て欲しいと思う患者さんもいるでしょう。

乳腺外科医は男性が多いのに、なぜ助産師はダメなのか、選ぶのは患者さんなんですから、男性助産師も女性助産師もいてその中で選べるシステムをとれば解決するのではないでしょうか。

もしどうしても男性助産師が嫌ならば、女性助産師がいる病院に行けば済む問題ではないでしょうか。

実際に男性助産師の導入の話は出ていますが、受け入れられることが難しく猛反発を食らい導入は見送られています。

けれど、もし導入が考えられるならば、男性看護師が母性について学ぶことはとても大事だと思います。

男性の立場からすると母性は、なかなか立ち入り難く理解しにくい部分だと思います。
そして、何よりも「恥ずかしい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

母性は女性の方が結びつきが強いので、どうしても男性には場違いな感じがするようです。

けれど、母性は学ぶことは、患者さんとの距離感を縮めることにも役立つと思うから必要であると思います。

母性実習で学ぼう

母性とは、女性特有のいかにも母らしい性質。女性に備わっている子供を産み育てる資質をいいます。

つまり母性は“優しく安心できる心”なのではないでしょうか。

たとえば、母性を学ぶことで患者さんを診るときに「痛いけどごめんね」「辛いけど頑張ればだんだん良くなるよ」と声かけができる人は母性があると私は思います。

この一言があるかないかで、診てもらう側の心境も大分変わるでしょう。

患者さん自身も恥ずかしいと思うことがありますが、男性もそのことに気がついて寄り添う気持ちを大事にしてほしいのです。

相手の気持ちを考えて、時には厳しく励ましてあげられるか、そして元気になったら病院から送り出してあげられることが出来るか。それが男性看護師として出来る母性をもった関わり方だと思います。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。

人気の条件の求人は、すぐに募集が終わってしまいますので、早いもの勝ちですよ。

上記3社は、私も転職の際にとても頼りになったサイトです。厳しい看護師求人選択基準をクリアしています。給料・待遇でお悩みの看護士は多いので、あなたに合ったより良い条件を見つけてみてくださいね。