看護師がオペ室で働くために必要なこと~資格と求められる性格

看護師の仕事の中でも最も緊張感があるのが、オペ室です。

オペ室で働くには、どのようなことが必要になって来るのでしょうか。

実際にオペ室で働く看護師さんの生の声を集めてみました。

看護師がオペ室で働くには~仕事内容

手術室で働く看護師のことを”オペ看”といいます。

オペ室での主な仕事内容は、大きく2つあります。その1つは「手術介助」です。医者が指示した器械や器材をタイミングよく手渡すことです。

そして、もう1つは、「外回り」です。外回り(間接介助)の仕事は、手術室全体の流れをサポートすることです。手術前、手術中、手術後に薬品や輸血、物品の補充や患者さんの清拭などを行います。

オペ看の平均年収はいくら?

直接命に関わるオペ看は、高いスキルや豊富な経験が必要であるため、他の看護師たちと比べると高めです。


夜勤ありの場合の平均年収は約500万、夜勤無しの場合は約430万です。

これは平均であり、地方や都市の場合で差がありますので、もっと年収が高い病院へ移動を考えているのなら、事前に経営業況を調べておくことをおすすめします。
⇒看護師転職サイトBEST5

手術室で働く看護師に必要な資格

手術室で働く看護師にはどんな資格が必要なのか知っていますか?特殊な仕事内容から高度な資格が求められると考えている方がいますが、実は、必要な資格は特に無いんです。
看護師資格さえ持っていれば、誰でも手術室で働くことが出します。

けれど、より手術室で専門性を磨きたいというのであれば、「手術看護認定看護師」という資格を目指してはいかがでしょうか。

手術看護認定看護師~手術室看護師としての専門性が認められ、病院の手術看護レベルを高める役割を担う人材

この資格は、認定看護師教育機関修了後に筆記試験を受験し、合格すれば認定書を貰えます。合格すれば、5年ごとに更新審査が実施されています。

看護師がオペ室で働くために求められる性格

オペ室で働く看護師は誰でもいいというわけではありません。

では、どういう性格の人がオペ看に向いているのでしょうか。

それは、“的確な器具を手渡し出来る豊富な知識があること”それから“広い視野を持って率先して気配りが出来る人”です。

オペ室では、いつ何時予期せぬ事態が発生するかもしれませんので、どんな場面においても慌てず、周りの人のサポートとフォローができる人が向いていると思います。

実際、私が働いていた病院のオペ室専門の看護師たちはみんな、サバサバしていて頼りがいのある姉御肌の人が多かったですね。

オペ室で働くことは看護師の中でも花形に近い存在であると思います。大変な仕事ですが、その分やりがいもありますので、病棟看護以外の仕事をしてみたい看護師にもお勧めの職場だと思います。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。

人気の条件の求人は、すぐに募集が終わってしまいますので、早いもの勝ちですよ。