介護士ではなく看護師がいいのかどうか迷う

日本の医療・福祉現場は深刻な人材不足に陥っています。

そんな中、資格を持っているととても有利ですよね。

介護士なのか看護師にしようか迷ってる人のために、それぞれのメリットを上げてみました。

介護士のメリット

介護士の最大のメリットは、なんと言っても人手不足なので、仕事に困らないことです。

求人欄にもたくさん介護士の募集が出ています。なので、選ばなければどこでも仕事ができますよ。

また、日本は少子高齢化なので、自分の身内が実際に介護が必要な状態になった時には、とても頼りにされます。

仕事ですが、年の離れたお年寄りとコミュニケーションをとるということは、長年生きてきた豊富な経験と知恵が間近で得られるきっかけにもなるので、為になりますよ。

ただ、給料面は看護師には大きく劣りますね。けれど、介護の仕事は今後も伸びていく職業なので、資格を持っていて絶対損はないでしょう。

看護師のメリット

看護師も介護士と同様に、仕事がなくて困ることはありません。

また、看護師には様々な手当てがあります。

資格を取得したり、時間外手当、交代勤務手当などがとにかく待遇がいいので、普通のサラリーマン、OLさんよりお給料がいいですね。

仕事内容は残業があり大変ですが、その分やりがいもあります。

もし、日本ではなく海外で働くことに興味がある場合でも看護資格さえ持っていれば、就職はしやすいですよ。

コチラの記事も人気ですよ
⇒看護師が英語力を活かして働ける場所

介護士ではなく看護師がいいのかどうか迷う

介護士か看護師か迷っている方は、まず自分がどのような仕事をしたいのかを第一に考えるといいと思います。

どんな仕事をしているか想像してみて、自分に向いているのかじっくり考えて欲しいなと思います。

というのも、一度その職に就くと、やっぱり違うなと感じると辞めづらくなるからです。

すぐに辞めると職歴に傷がついて転職に不利になる可能性もあります。

なので、ずっと続けられる仕事なのか考えて欲しいと思います。

それから、勤務時間を比べてみてください。

看護師は残業もあり、交代制です。休みも取りにくい環境にあります。

その点、介護士は割と融通が利いて働きやすいですね。

最後に給料の差は歴然としていますね。

介護士は肉体的にキツイ仕事の割には、とても収入少ないです。

なので、若い内は介護士として働いていくのもいいですが、経験を積むにつれて、給料に見合った仕事ではないと感じて転職をする人が後を絶ちません。

介護士から看護師に転職することで、キャリアアップにもなりますし、賃金に比例してモチベーションも高津保つことも出来ますよ。

転職活動中の看護師さんへ~看護師求人サイト人気ランキング

より良い条件で転職するには“安心安全の信頼のある看護師求人サイトに登録するのが、最短のルートです”無駄な時間をかけずに納得した形で転職を成功させましょう。私がおススメする実績のある看護師求人サイト3社をご紹介します。

1、 マイナビ看護師
看護師求人が豊富で利用者満足度も知名度もダントツNO.1 サイトです。
求人案件の質が良くて、一般企業の求人だけでなく、治験関連、クリニックなど幅広い求人が多いです。私もここで転職先を見つけました。周りの転職経験者もマイナビに登録している人が多かったことから、探しやすくてとても頼りになります。

2、 看護のお仕事 
サイトには掲載されていない業界最大級の非公開求人を多数保有しています。このサイトの強みは、プロのキャリアコンサルタントが看護師一人ひとりになったお仕事を無料で紹介してくれるので、安心して相談できるところです。また、常勤や日勤常勤などの雇用形態だけでなく、派遣、単発と様々に揃ってるのも魅力的です。

3、 ナースパワー
沖縄、北海道といった離島応援ナースなどの幅広い求人を取り揃えています。こうした首都圏向けの求人は月収が50万以上など高収入のため人気です。他社にはない求人が多く登録しておくことで転職の幅が広がります。また採用側の手数料も安く、採用率も高いことから評判のサイトです。

人気の条件の求人は、すぐに募集が終わってしまいますので、早いもの勝ちですよ。

上記3社は、私も転職の際にとても頼りになったサイトです。厳しい看護師求人選択基準をクリアしています。給料・待遇でお悩みの看護士は多いので、あなたに合ったより良い条件を見つけてみてくださいね。